犬 ドッグフード
大切なワンちゃんに毎日食べさせるドッグフードは、健康的で安心できるものを食べさせたいですね。


しかし、室内犬のドッグフードは、カリカリしたドライタイプから、しっとりタイプのウェットなタイプまで様々なタイプがあり、ワンちゃんの年齢や体調によって選んでいく必要があります。


年齢や体調に合わないドッグフードを食べ続けることで、ワンちゃんの健康を害してしまうことがあります。
だから、ドッグフード選びは慎重に行ってほしいんです。


そこで今回は、ワンちゃんの年齢や体調によるドッグフードの選び方をご紹介します。


カリカリのドッグフード

ドッグフード
ワンちゃんのドッグフードといえば、まず思い浮かぶのがこのタイプじゃないでしょうか。

カリカリのドッグフードというのは、ワンちゃんが食べるときに、「カリカリ」音がするからと言われています。

【カリカリのドッグフードのメリット】

• ドライタイプで水分量が少ないので、長期保存が可能
• ドライタイプで硬さがあるので、噛み応えがあり、ワンちゃんのあごの力がつく
• 柔らかい他のタイプのドッグフードより、歯石が付きにくいので、オーラルケアによい
• 比較的安価なので、食費を抑えられる

ドライタイプのカリカリのドッグフードなら、手も汚れないし、食べさせやすいですよね。


しかし、慌てて食べるようなワンちゃんの場合、内臓に負担をかけてしまいます。
ガツガツと食いつきが良すぎるワンちゃんには手のひらに少しずつのせて食べさせるといいでしょう。

【カリカリごはんのデメリット】

・乾燥して硬いためあごや噛む力がないワンちゃんには不向き
・水分が含まれていないので、充分に水を与える必要がある
・体調が良くないワンちゃんには内臓に負担がかかる

カリカリのドッグフードは、ドライタイプゆえのデメリットがあります。乾燥していて硬いカリカリのドッグフードは、あごや噛む力が弱い小さいワンちゃんや歳をとったワンちゃんには、あまりにも硬すぎるため向いていません。


また、ドッグフード自体にあまり水分が含まれていないので、カリカリのドッグフードを与えた後は充分にお水を与えることが必要です。


年を取っている老犬や病気をした後のワンちゃんには、ドライタイプのカリカリのドッグフードは、内臓の負担になる懸念があります。そんなときは他のタイプに変えたり、他のタイプと混ぜたりしてみましょう。

カリカリより少しソフトなソフトドライタイプ

ドッグフード
ソフトドライタイプのドッグフードは、ドライタイプより多少水分が含まれています。ドッグフードの袋を開封するときに、ドッグフード特有のにおいを感じるかもしれません。


カリカリタイプより少しソフトなので、どんな年齢のワンちゃんでもおいしく食べることができます。

【ソフトドライタイプのドッグフードのメリット】

・どんなワンちゃんでも食べやすくできている
・香りも良く食いつきがいい

ドライタイプに比べるとずいぶんソフトなので、あごが充分に発達していない子犬やお年寄りのシニア犬でも食べやすく作られています。


ドッグフードから立ちのぼる香りにワンちゃんもひかれて、興味を持って食べてくれます。元気がなく、食が進まないときでも、匂いや柔らかさで食べてくれる可能性が大きくなります。


いろんな事情でカリカリのドッグフードが食べづらい状況でもソフトドライタイプなら食べてくれるでしょう。病気後やシニア犬の食欲不振の時などソフトドライタイプのドッグフードを与えて見てください。

【ソフトドライタイプのドッグフードのデメリット】

・歯に付きやすく歯磨きなどのケアが必要
・長期保存には向かない
・防腐剤が含まれているため、毎日の主食には向かない

ソフトドライタイプは、歯にくっつきやすく、食後の歯磨きなどオーラルケアが必要となります。
また半生で水分量が多く、ドライタイプと違って長期保存には向いていません。


長持ちがしないというデメリットを補うために、防腐剤が含まれています。また、ドッグフード自体の中身も穀物がたくさん含まれています。


防腐剤などの添加物や穀物をたくさん含んでいるものが多いので、ワンちゃんの健康を考えるのなら毎日の主食ではなく、食欲が落ちた時など、一時的に与えるようにしたほうがいいでしょう。


ワンちゃんの体調不良が長引いたり、食欲が不安定だったりする場合には、ソフトドライタイプだけに頼るのではなく、ドライタイプを水で湿らせて柔らかくしたものをあげるということもできます。この方法は覚えておくと、いろんなときに使えますよ。

ウェット(缶詰)タイプ

ドッグフード
ウェットタイプのドッグフードは、テレビCMでおなじみですね。豪華でリッチなドッグフードというイメージです。このタイプのドッグフードは、どんなワンちゃんも大好きです。

【ウェットタイプのドッグフードのメリット】

・未開封なら長期保存が可能
・ワンちゃんの食い付きが良い
・水分も栄養も含まれている

缶詰(最近は、レトルトタイプもありますね)タイプのドッグフードは、殺菌処理されていて、未開封なら長期保存ができます。


なかなかドッグフードを食べてくれないワンちゃんでも、このタイプは食い付きが良く、喜んで食べてくれます。


ウェットタイプのドッグフードには、水分も栄養も含まれているので、ドライタイプのカリカリを食べられないワンちゃんには、このタイプを混ぜてあげるといいです。

【ウェットタイプのデメリット】

・値段が割高なので食費が掛かる
・歯に付きやすく食後の歯磨きが必要
・長く与え続けるとドライフードを食べなくなる
・柔らかいため噛む力が鍛えられない

缶詰タイプのごはんは、ドライタイプに比べると割高なので、食費がかかります。また歯に付きやすいので歯石が溜まるので、食後に歯磨きなどのオーラルケアが必要になります。


このタイプのごはんは、ワンちゃんにとってはとてもおいしいので、与え続けると、カリカリのドッグフードを食べなくなる可能性が高くなります。また柔らかいドッグフードなので食べ続けていると、アゴの力が鍛えられなくて弱くなります。

室内犬の成長に合わせた、おすすめドッグフード

ドッグフード
大切なワンちゃんの健やかな成長のためには、それぞれの成長の時期に合わせたドッグフードを選ぶことが大事です。


しかし、お店には、さまざまな種類のドッグフードが並んでいますから、どれを選んだらいいのか迷ってしまいますよね。


ここでは、そんなあなたのために、ワンちゃんの成長の時期に合わせたおすすめのドッグフードをご紹介します。ドッグフードを選ぶときの参考になさってくださいね。

子犬用ドッグフードの特徴

子犬用のドッグフードは、「パピー用」と記載されて売っていることが多いです。
パピー用ドッグフードの特徴は、成長期に必要な動物性たんぱく質を多く含んでいることです。


子犬にとって、成犬になるための強い身体づくりのためには、動物性たんぱく質動物性脂肪は欠かせない重要なものです。


元々犬という動物は肉食動物ですので、体の構造的に動物性たんぱく質や動物性脂肪を吸収しやすくなっています。


パピー用ドッグフードを選ぶときには、パッケージに書かれている成分表を確認し動物性たんぱく質や動物性脂肪を多く含んでいるものを選んでくださいね。

・間違いのない子犬用のドッグフード選びのポイント

子犬用のドッグフードを選ぶときには特に、成分表をよく見ましょう。どんな肉をどんな割合で配合しているのか、どんな動物の脂肪を使っているのか、はっきりと記載されているものを選ぶといいでしょう。


例えば「動物性たんぱく質」と漠然と書いてあるものではなく、「チキン」とか「ニシン油」と配合されているものをはっきりと書いてあるものが安心です。


具体的な原材料名が明記されていないものには、酸化防止剤などの添加物を使っている場合が多いです。さらに、発がん性物質なども含まれているケースも多いですから気を付けてくださいね。


また穀物の使用が少なければ少ないほどいいです。

なぜなら、先ほども書きましたように、犬は元々肉食動物なので、主な原材料が穀物なら消化器官の負担が増えます。


最近、ワンちゃんのアレルギーも問題になっていますが、子犬のころから穀物を与えるとアレルギー発症の原因にもなりかねません。


子犬のドッグフード選びのポイントは、健康に成犬に成長するために動物性たんぱく質や動物性脂肪についてはっきり具体的に記載されているもの、穀物不使用または穀物配合量が少ないものを選ぶことです。

子犬用ドッグフードおすすめランキング

ドッグフード

商品名 カナガンドッグフード
ペットフード
特徴 ・チキンがたっぷり含まれ50%以上
・無添加でノンアレルギー
・品質・安全性・コスパとも最高レベル
・子犬からシニア犬まで全年齢対象
総合評価
項目毎評価 原材料:★★★★★
安全性:★★★★★
コスパ:★★★★★
容量/価格 2kg/3,960円
1kgあたり 1,980円(税抜)
メイン食材 骨抜きチキン生肉26%、乾燥チキン25%
原産国 イギリス
酸化防止剤 ◎(ビタミンE
穀物 ◎(グレインフリー
対応年齢 生後2、3ヶ月〜
賞味期限 未開封:製造から18ヵ月
開封後:3ヵ月目安
販売元 株式会社レティシアン
最安値販売先 >>カンガンドッグフード公式サイトへ




ドッグフード

商品名 モグワンドッグフード
ドッグフード
特徴 ・上質で新鮮な食材を使用
・手作り食の安心感と美味しさ
・品質・安全性・コスパとも最高レベル
・子犬からシニア犬まで全年齢対象
総合評価
項目毎評価 原材料:★★★★★
安全性:★★★★★
コスパ:★★★★☆
容量/価格 1.8kg/3,960円
1kgあたり 税抜2,200円
メイン食材 チキン生肉、生サーモン
原産国 イギリス
酸化防止剤 ◎(ビタミンE
穀物 ◎(グレインフリー
対応年齢 生後4ヶ月〜
賞味期限 未開封:製造から18ヵ月
開封後:3ヵ月目安
販売元 株式会社レティシアン
最安値販売先 >>モグワンドッグフード公式サイトへ




ペットフード

商品名 ファインペッツドッグフード
ドッグフード
特徴 ・1.5kg 1,080円の初回お試しパックがある
・大粒/小粒が選べる
・品質・安全性・コスパともトップレベル
・子犬からシニア犬まで全年齢対象
総合評価
項目毎評価 原材料:★★★★☆
安全性:★★★★★
コスパ:★★★★☆
容量/価格 1.5kg/3,142円 ※初回お試し1,080円
1kgあたり 2,095円(税抜)
メイン食材 鹿肉、鶏肉、鮭肉
原産国 オランダ
酸化防止剤 ◎(ローズマリー
穀物 ◯(オートミール・大麦・全粒米)
対応年齢 生後2ヶ月〜
賞味期限 未開封:夏場は1ヶ月以内、冬場は2ヶ月以内
開封後:3ヵ月目安
販売元 株式会社エヴリワンズ
最安値販売先 >>FINEPET’Sドッグフード公式サイトへ



子犬用ドッグフードは、いつまで与えるのがいい?

ドッグフード
子犬用のドッグフードを与える期間は、そのワンちゃんが成犬になった時の大きさによって異なります。
ただし高品質であるプレミアムドッグフードのなかには栄養のバランスが優れたものがあり、子犬からシニア犬まで全年齢OKというものがあります。

犬種サイズ別ドッグフードの移行時期(子犬用⇒成犬用)

小型犬や超小型犬(代表犬種:チワワ、トイプードル、ヨークシャテリア)

子犬用は、生後約8か月まで与えます。9か月を目安に成犬用に変えるようにしてください。

中型犬(代表犬種:芝犬、ブルドッグ、ビーグル)

子犬用は、生後約11か月までにして、12か月を目安に成犬用に変えるようにしてください。

以上のように、成犬になった時のワンちゃんの体の大きさによって成犬用ドッグフードへの切り替え時期が異なります。

飼っているワンちゃんの犬種によって、適切な時期にドッグフードの切り替えを行ってください。

成犬用のドッグフードの特徴

ドッグフード
成犬用のドッグフードでも、動物性たんぱく質が、一番重要な栄養素になります。
大切なワンちゃんの体を健康で丈夫なものにするために、タンパク質は必須のものです。


成犬用のドッグフードもパピー用同様、動物性たんぱく質が主成分であるものを選びましょう。


成犬用ドッグフードの中には、植物性たんぱく質や穀類がたくさん含まれているものがあります。しかし植物性たんぱく質や穀類はワンちゃんがあまり消化ができません。同じタンパク質でも動物性を選択しましょう。


成犬のドッグフードに含まれている原材料のうち、成犬にとって消化・吸収しやすい動物性たんぱく質は、

肉なら、牛肉、鶏肉、ラム、馬肉などです。
魚なら、サーモン、ニシン、白身魚などです。
他に、鶏卵もいいです。


ドッグフードに記載されている成分表をチェックして、具体的な肉や魚の名称が書かれているものを選んでくださいね。

成犬用ドッグフードおすすめランキング

ドッグフード

商品名 カナガンドッグフード
ペットフード
特徴 ・チキンがたっぷり含まれ50%以上
・無添加でノンアレルギー
・品質・安全性・コスパとも最高レベル
・子犬からシニア犬まで全年齢対象
総合評価
項目毎評価 原材料:★★★★★
安全性:★★★★★
コスパ:★★★★★
容量/価格 2kg/3,960円
1kgあたり 1,980円(税抜)
メイン食材 骨抜きチキン生肉26%、乾燥チキン25%
原産国 イギリス
酸化防止剤 ◎(ビタミンE
穀物 ◎(グレインフリー
対応年齢 全年齢対象
賞味期限 未開封:製造から18ヵ月
開封後:3ヵ月目安
販売元 株式会社レティシアン
最安値販売先 >>カンガンドッグフード公式サイトへ




ドッグフード

商品名 モグワンドッグフード
ドッグフード
特徴 ・上質で新鮮な食材を使用
・手作り食の安心感と美味しさ
・品質・安全性・コスパとも最高レベル
・子犬からシニア犬まで全年齢対象
総合評価
項目毎評価 原材料:★★★★★
安全性:★★★★★
コスパ:★★★★☆
容量/価格 1.8kg/3,960円
1kgあたり 税抜2,200円
メイン食材 チキン生肉、生サーモン
原産国 イギリス
酸化防止剤 ◎(ビタミンE
穀物 ◎(グレインフリー
対応年齢 全年齢対象
賞味期限 未開封:製造から18ヵ月
開封後:3ヵ月目安
販売元 株式会社レティシアン
最安値販売先 >>モグワンドッグフード公式サイトへ




ペットフード

商品名 ファインペッツドッグフード
ドッグフード
特徴 ・1.5kg 1,080円の初回お試しパックがある
・大粒/小粒が選べる
・品質・安全性・コスパともトップレベル
・子犬からシニア犬まで全年齢対象
総合評価
項目毎評価 原材料:★★★★☆
安全性:★★★★★
コスパ:★★★★☆
容量/価格 1.5kg/3,142円 ※初回お試し1,080円
1kgあたり 2,095円(税抜)
メイン食材 鹿肉、鶏肉、鮭肉
原産国 オランダ
酸化防止剤 ◎(ローズマリー
穀物 ◯(オートミール・大麦・全粒米)
対応年齢 全年齢対象
賞味期限 未開封:夏場は1ヶ月以内、冬場は2ヶ月以内
開封後:3ヵ月目安
販売元 株式会社エヴリワンズ
最安値販売先 >>FINEPET’Sドッグフード公式サイトへ



食べものによる食物アレルギーの症状について

食物アレルギーに悩むワンちゃんの問題が最近顕著になってきています。ワンちゃんにアレルギー症状が出ていないか、時々確認してみてください。


どんな症状が出るのか、事前に知っておくと万が一の時に落ち着いて対処できます。

【ワンちゃんの主なアレルギー症状】

•嘔吐や下痢が続く
•身体や足の裏をかゆがり、掻く
•フケが出る
•毛がぬけてハゲができる
•目や口の周辺が赤くなる

このような様子を示すと、アレルギーである可能性が高いです。


疑わしいと感じた時は、動物病院で血液検査を受けさせてください。
結果が出るまでは、病院から処方してもらったフードを食べさせることになります。

老犬用のドッグフードの特徴

シーズー
年齢を重ねたシニア犬だからこそ、バランスの良い栄養を含んドッグフードを与えて健康の維持に務めらければなりません。
ただしシニア犬は、運動量が落ちているのでカロリー脂質は控えめにしたいところ、そんなドッグフードをご紹介します。

老犬用ドッグフードおすすめランキング

ドッグフード

商品名 ピッコロ
ドッグフード
特徴 ・上質なチキンとサーモンが70%
・シニア犬に必要な高タンパク質がいっぱい
・カロリーと脂質は控えめ
・原料・品質・安全性とも最高レベル
総合評価
項目毎評価 原材料:★★★★★
安全性:★★★★★
コスパ:★★★★★
容量/価格 1.5kg/3,564円
1kgあたり 2,376円(税抜)
メイン食材 骨抜きチキン生肉(31%)
骨抜き生サーモン(20%)
乾燥チキン(13%)
原産国 イギリス
酸化防止剤 ◎天然成分
穀物 ◎(グレインフリー)
対応年齢 シニア犬・7歳~
賞味期限 開封後:3ヵ月目安
販売元 株式会社エヴリワンズ
最安値販売先 >>ピッコロ公式サイトへ




ドッグフード

商品名 カナガンドッグフード
ペットフード
特徴 ・チキンがたっぷり含まれ50%以上
・無添加でノンアレルギー
・品質・安全性・コスパとも最高レベル
・子犬からシニア犬まで全年齢対象
総合評価
項目毎評価 原材料:★★★★★
安全性:★★★★★
コスパ:★★★★★
容量/価格 2kg/3,960円
1kgあたり 1,980円(税抜)
メイン食材 骨抜きチキン生肉26%、乾燥チキン25%
原産国 イギリス
酸化防止剤 ◎(ビタミンE
穀物 ◎(グレインフリー
対応年齢 全年齢対象
賞味期限 未開封:製造から18ヵ月
開封後:3ヵ月目安
販売元 株式会社レティシアン
最安値販売先 >>カンガンドッグフード公式サイトへ




ペットフード

商品名 モグワンドッグフード
ドッグフード
特徴 ・上質で新鮮な食材を使用
・手作り食の安心感と美味しさ
・品質・安全性・コスパとも最高レベル
・子犬からシニア犬まで全年齢対象
総合評価
項目毎評価 原材料:★★★★★
安全性:★★★★★
コスパ:★★★★☆
容量/価格 1.8kg/3,960円
1kgあたり 税抜2,200円
メイン食材 チキン生肉、生サーモン
原産国 イギリス
酸化防止剤 ◎(ビタミンE
穀物 ◎(グレインフリー
対応年齢 全年齢対象
賞味期限 未開封:製造から18ヵ月
開封後:3ヵ月目安
販売元 株式会社レティシアン
最安値販売先 >>モグワンドッグフード公式サイトへ

老犬になって食が細くなり、食べなくなった時にどう対処するか?

ワンちゃんが年を取ると、しっかり食べるときや全然食べないときなど食欲にムラが出てきます。この点は、まさに人間とお年寄りと同じです。

しかし、食欲のムラは加齢だけのせいにしておくと、重大な病気を見逃すことになりかねないので注意が必要です。


ワンちゃんは加齢によって、内臓の働きが弱くなっているケースもありますから、極端に食欲がない場合は、動物病院で処方されたドッグフードに変える必要が出てきます。

手作りごはん作りの基本

大切なワンちゃんのごはんを作る時は生のままではなく、火を通したものをあたえることを基本としましょう。生のままでは、問題を引き起こす可能性があります。


犬は元々肉食動物です。ですから、人間のように主食がご飯ではないので、ワンちゃんには、ご飯よりもたんぱく質をたくさんあげましょう。


ゆでたり蒸したりして火を通した鶏肉、豚肉を中心に、ワンちゃんには人間のような味付けは必要がないですが、お出汁で野菜やお肉をゆでるとお出汁の風味でワンちゃんの食欲を刺激して喜んで食べてくれますよ。


いかがでしたか?


ワンちゃんの健康には運動に加えて、バランスの取れた食事、ドッグフードがとても大切です。


大切なワンちゃんが毎日食べるごはんですからドッグフード選びは、こだわって安心できるものにしたいですね。

↓↓↓関連ページはコチラ↓↓↓